So-net無料ブログ作成
検索選択
ニュース ブログトップ
前の10件 | -

爆笑問題 田中が冒された、伝染性単核球症 [ニュース]

爆笑問題の田中さんがかかってしまった病気が、話題になっていますね。

聞いたことがない病名だったので、みんな気になってしまったんでしょうね。

田中さんの病状も気になりますし、お仕事の復帰を願いつつ、この病気について調べてみました。


「伝染性単核球症」
ウイルス性の感染症で、エプスタイン・バール・ウイルス(EBV)というウイルスに感染することによる病気です。

主に小児が感染する病気で、成人は抗体をもっているため、発症することは少ないそうです。

2〜3歳くらいまでに70〜80%が感染し、成人になるまでの間に抗体ができているか、知らないうちに発症して、いつの間にか治っていることが多いそう。

子供が感染しても、症状が出ないことが多いみたいなので、この病気をあまり怖がることはない気がします。

伝染性単核球症のウイルスは、唾液の中に存在しています。

経口感染で他人に移ることが多く、キス病とも呼ばれています。


症状は、発熱、倦怠感、のどの痛み、リンパが腫れる など。

肝臓や脾臓が肥大したり、機能障害をひきおこすことも。

爆笑問題の田中さんは、肝機能障害と咽頭炎も併発しているとのことでしたから、症状が重くなってしまったのかもしれないですね。

田中さんの回復を願います
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

アメリカ大統領選挙、接戦の結果は?? [ニュース]

アメリカ大統領選がいよいよ大詰め。

本日、選挙行われるアメリカ大統領選。
投票が始まり、もう開票が進んでいます。

共和党のロムニー氏と民主党のオバマ氏、どちらが大統領に当選するのだろうか?


州ごとに、どちらに投票するのかが決まっていき、最終的に 各州の票を多く獲得したほうが 当選、というのがアメリカの大統領選です。

日本のように、国民が直接投票しないで 政治家の間で決まってしまうやり方とは違いますね。

はっきりと、国民の意志がわかる選挙ですよね。


ただ今の時点で、オハイオ、ノースカロライナの2州では大接戦だそうで、今日中には決まらないのではないかと。


この選挙、初めから接戦だと言われていましたが、ここにきてオバマ氏が一歩先に出たようだという報道がされていますね。

選挙直前にハリケーンがアメリカを襲ったことも、影響しているみたいです。

若者たちの選挙離れなどもあり、オバマ氏が前回選挙の勢いを見せないとの声も聞かれます。

中傷合戦がヒートアップしたのも話題になりました。
逆にお互いを褒めまくる、っていうやり方じゃダメでしょうかね〜。
良い所を挙げまくるのも、悪口言うのも、同じだと思うんです。


景気低迷のアメリカを奮い立たせるのは、オバマ氏か、ロムニー氏か。
どうなる大統領選!?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

カルビーの野菜スナック「ベジップス」、人気すぎて一時発売休止? [ニュース]

ベジップスが発売休止!?


カルビーが10月から発売していた、人気スナック菓子「ベジップス」が、販売を一時休止するそうです。

ベジップスは、野菜の味をそのまま生かしたスナック。
たまねぎ かぼちゃ さつまいも」
「さつまいも かぼちゃ」
の2種があります。

野菜を素揚げし、野菜本来の味と旨みと甘みが そのまま活かされています。

さつまいももかぼちゃも厚みがあって、自然の甘みがおいしいですョ[るんるん]

これまでのスナック菓子とは違う、新しいスナック!


全国販売を始めた10月からは、コマーシャルでも大々的に宣伝を始め、スーパーでもイチオシ商品として売り出されていました。


ポテトチップスは若者に人気ですが、ターゲット層を広げるため、このベジップスが開発されたそうです。


野菜なので、年配の方やや女性にも好まれやすいですね。
食物繊維が豊富に含まれていて ヘルシーなので、健康を気遣う人にも。

一袋が大きくなく、摂取カロリーは200キロカロリー以下。
食べ過ぎなくて、ダイエット中でも安心です♪


そんなベジップスが、人気すぎて生産が追い付かなくなってしまったそうです・・・。

でも一時休止ですから。

早く発売再開してくれることを願います~♪










銀座に新たなショッピングの名所☆ ユニクロマルシェ オープン! [ニュース]

衣料品メーカー UNIQLOが、また新しい試みを展開!

今月2日より、
ユニクロマルシェ プランタン銀座」をオープンさせました。


たくさんのファッションブランドが集まる、東京 銀座エリアに構えたユニクロマルシェ。

「女性のための」というフレーズを掲げ、ファーストリテイリンググループの5ブランドを盛り込んだショップです。

UNIQLO、g.u.、PLST、Conptoir de Cotonniers、 Princess tam.tam

低価格で若者に人気のg.u.や、下着ブランドのプリンセス タムタムなど、価格や路線ほか、いろんな部分で異なった商品がならんでいます。

ひとつのショップで、あれこれと商品を見比べながら買い物できるのが魅力的です。

オープン記念の商品は、GETしておきたいですね☆



注目したいのは、他にはない 限定モノや、コラボ商品。
商品の多くは こういった限定アイテムだそう!

オシャレ女子はもう見逃せません!

女性誌 CanCamとコラボしたレギパンや、人気ブランド セオリーとコラボしたダウンジャケットもその一部。


また、ユニクロマルシェには、専門のスタッフがコーディネートをアドバイスしてくれる「ファッションソムリエ」なるシステムが!
プロのスタイリストに教育を受けたスタッフだそうで、コーディネートに迷ったとき、頼りにしてみたいですね。


秋冬のコーデを探しに、ユニクロマルシェに出掛けてみて♪



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

新型軽自動車 「N-ONE」発売! ホンダが売り出すNシリーズ、ヒットの予感・・・☆ [ニュース]

大手自動車メーカーホンダが、新しい車を発表しました。

1日の昨日、東京 六本木ヒルズで、新型軽自動車の発表会が行われ、初お目見えしたのは
N-ONE」。

ホンダの人気車、「N-BOX」と「N-BOX+」に続く、Nシリーズの第3弾の車です。



さかのぼること45年前、ホンダが発売し、国民車として愛された車がありました。

それは「N360」。

N360の意志を受け継ぎ、新しい時代をゆく車として、このN-ONEが生まれました。


N-ONEのターゲット層は、団塊の世代と若者だそう。

維持費の高くない軽自動車は、遠くまで運転することが少ない団塊の世代の人たちや、若い人たちにとって 魅力的です。

青春時代、N360に憧れた団塊の世代の人たちが、懐かしく感じて 乗りたいと思うかもしれませんね。

デザインにこだわりたい若者たちにも 受け入れられそうな、シンプルなようで 可愛らしくもあり、クラシック調なこのデザイン。

あらゆる世代にマッチするであろう「N-ONE」なのです☆



ホンダには、人気の 代表車 ともいえる「フィット」が存在しますが、このNシリーズを強く推していくようです。

価格はこちら ↓
N-ONE
115〜1547,750円
N-ONE Premium
136〜1707,750円

カラーは全11色。
好みのN-ONEがみつかりそう♪





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

新しいタブレット端末 また出ました!買うべきか ipad mini [ニュース]

アップル社が10月23日、発売を発表した iPad mini

第4世代ipadと呼ばれる このタブレット端末は、まさにipadの小型バージョン

ipadと同じ機能を持ちながら、片手に収まるサイズです。
134.7×200×7.2mmで、
従来のipadと比べて、23%ほど薄く、53%ほど軽いそう。

メモリサイズは、16GB,32GB、64GBの3タイプ。

Wi-FiモデルとWi-Fi+Cellular モデルがあり、インターネットももっとスムーズに利用できます☆


26日より予約受付開始だそうですョ!



タブレット端末をすでにお持ちの方、購入を考えている方、
ipad miniを買うべきか悩んじゃいそうですね!

手持ちのPCやスマホ、他社の端末や従来のiPadを持っている場合、
用途や必要性を考えると きりがない~!



すでにグーグル社が発売しているタブレット端末、「Nexus7」が話題になりましたが、
アップル社の今回の発表の場で、競合製品として引き合いに出されたNexus7。

異なる製品ではありますが、タブレット端末競争の中でライバルとなるのは
間違いないですものね。



Nexus7とipad mini、2つを並べてみると、パッと見、画面が大きく見えるのがipad mini。
正方形に近い形で、幅広く、大きな画面に見えます。

Nexus7は、画面まわりの部分の割合が多く、画面が小さく見える気がします。

実際、ipad miniは7.9インチの画面。
Nexus7は7インチです。

幅広のipad miniは、女性や手の小さい人には、片手に収まりにくいかもしれませんね。

どこに魅力を感じるかは、人それぞれ。
使いやすさや画面の見やすさ。
デザインっていう人もいるでしょうし。


でもやっぱり使ってみたいipad mini♪








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ご当地グルメがいっぱい♪ 今年のB-1グランプリ 気になる結果は?  [ニュース]

B-1グランプリが開催されました。

開催地は 北九州市小倉北区。
土日の2日間の日程で行われ、21日に結果発表されました。

結果は・・・。

1位 青森県八戸市の「八戸せんべい汁」!

鍋物用の 煮崩れない南部せんべいを煮込んだ鍋料理です。
鶏肉やゴボウなどの野菜を、醤油ベースの出汁で煮込んでいます。

鶏の出汁がしっかり出ていて、つゆが浸みこんでやわらかくなったせんべいが とろとろしておいしそう♪


歴史の長い南部せんべいは、保存食として八戸に伝わっているそうです。
まさにご当地の料理ですね[かわいい]

これまでの大会でも、常に上位にランクインしていた八戸せんべい汁ですが、念願かなって今回の1位。

経済効果もきっとすごいのでしょうね~。

地元に食べに行く観光客が増えるでしょうし、
B-1は町の発展につながるものなんですね。



ちなみに2位は、長崎県対馬市の「上対馬とんちゃん」でした。

個人的に、地元県の伊那ローメンが気になっていましたが。


来年は、愛知県の豊川市で開催されます。
今回、稲荷ずしで参加していた豊川市は、地元開催に燃えることでしょう!



橋下氏ヒートアップも、週刊朝日のおわびで収まりをみせました。 [ニュース]

週刊朝日と、橋下徹大阪市長のイザコザは、解決したようです。
私たちの見る限りでは、ですが。


ことの発端は、週刊朝日が掲載した連載記事でした。

政治の話題においては、橋下さん無くして語れない今日この頃ですから、
売れる記事になることは間違いないのでしょうね~。



書いたのは ノンフィクション作家の 佐野真一氏。


不倫の話題もそうですが、公人としての立場から、プライベートなことまでも探られたり広まってしまうのは仕方がないことですね。

しかし、今回の週刊朝日の記事は、橋下さんの父親のことや、先祖まで逆のぼって 人格を否定するような内容だったというのです。


橋下さんは、週刊朝日と朝日新聞の取材は今後受け付けないと、怒りをあらわにしたわけです。

政策批判ではなく、人格を批判され、身内のことまであれこれ書かれるということに、怒りはごもっとも…。

週刊誌はそういうものだ、と言ってしまえばそれまででしょうが、批判するとこはしないとね。


さらに、同和地区を指定するような内容が 問題だとの声があがっています。
部落差別の問題を、正しく理解しているのでしょうか?



朝日新聞出版は19日、 この連載を打ち切ると発表し、同和地区に関する記述や 橋下氏についての内容が不適切であったことから、連載を続けられないと判断したと。
橋下氏と関係者に対する、謝罪のコメントも出しています。

週刊朝日の次号では、おわびが掲載されるそうです。


橋下さんのことも、同和地区のことも、サラッと記事にしていますが、掲載する時点で深い検討が必要ではなかったのでしょうか?































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

なぜ虚偽発表したのか?ips細胞騒動 [ニュース]

患者の心臓に、ips細胞から作った心筋細胞を移植したと、当初は素晴らしい快挙だと思われた発表をした森口尚史氏。

実はウソだったと謝罪し、大きく問題になっています。



京大の山中教授が ips細胞でノーベル賞を受賞し、彼の研究に対する熱意や想いに、多くの人が感動したことでしょう☆


ところがこの一連の報道。
難病を抱える人や、将来の自分の体について不安を抱える私たちにとって、明るい一筋の光が見えたような、そんな山中教授の素晴らしいニュースを聞いたばかりだったのに・・・。

とっても残念ですね。



森口氏がips臨床の応用を発表し、大きく報道される中で、実は早くに疑惑の声が次々と挙がっていたのだとか。

ips細胞を作って、・・・今やips細胞に関わっていたのかさえも事実なのかわからなくなってしまいましたが。
患者6人に移植したという発言が、なんと6人中5人にはしていないというのだから、驚きです。

では1人に移植したというのは事実なの?

移植手術をしたというアメリカの病院も 実は別の病院だったと、後に病院名を変更する発言をしたり、

森口氏自身が関係をほのめかす病院や関係者たちは、そろって関係を否定したり。


そして疑惑がどんどん膨らんでいきました。


今日15日、アメリカから帰国した森口氏は マスコミに囲まれ、
あいまいな発言を繰り返すばかり・・・。

彼が守りたいものは何なのでしょうか?


研究者の研究競争というものがあるのでしょうか?
先に発表した者が勝ち。
そんなことが本当にあるのでしょうか?


今はまだ、何がホントで何が嘘なのか、わたしたちにはわかりませんが、
ips細胞の研究が進んで、病気を治せる素晴らしい発表がいつかされることを
願います。

































nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

山中伸弥 京大教授のノーベル賞受賞の偉業☆ [ニュース]

昨日 10月8日から、ノーベル医学生理学賞を受賞した、山中伸弥氏の話題でもちきりですね。


京都大学教授の山中氏の医学生理学賞受賞は、日本人としては
25年ぶり。
日本の科学研究技術はとっても高いんですね!

世界にそのことが認められたということ、誇らしい気持ちですね。



ips細胞の開発に成功してから6年。
山中氏の50歳という若さと、発表から授賞まで6年という早さは、ノーベル賞の歴史の中でも偉業なんだそうです!

ips細胞とは、あらゆる細胞や組織に変化し、組織や臓器の再生に役立つ細胞、人工多能性幹細胞のこと。

新薬の開発や、再生医療に ips細胞が使われることになるんだそうです。



治療法が解明されていない 難病を抱える人たちが、この細胞によって救われるのならば、山中氏は本当にすばらしい研究を続けてくれたと思います。


整形外科医を目指していながらも、挫折を味わった山中氏は、薬理学の研究に携わり、そんな中で細胞の研究に打ち込んだのだそうです。

患者さんの役に立つ技術をと、研究を重ねた結果が、この素晴らしい受賞につながったんでしょうね☆



病気を抱える人たち、この先病気を抱える不安をもつ私たちの 明るい希望の光☆☆☆
そんな山中氏のノーベル賞受賞のニュースでした。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。